×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

FX投資を始める

FX投資を始める際に、所有通貨数を定めておくというのも手抜かりするべきではありません。所有通貨の量を投資前に決めておき、それより上の投資資金は投資に充てないようにしてください。こうしておくことで、勝利したとしても利益は少なくなるが、失う資金も少なくなります。FXの口座を開設する場合に、手数料は必要となるのでしょうか?結論からいうと必要ありません。基本的にFX口座を開設する場合に全然お金はかからないので、簡単に申し込みできます。さらに、口座を維持するための費用も基本的にいりません。

口座に関する費用がいらないこともあり、いくつものFX業者を利用する人が多いのでしょう。ただやみくもに運頼みでFX投資を行っても継続的に利益を上げるのは難しいので、最低限チャートの読み方は知っておくべきです。より機能のいいチャートソフトや最近ではスマホ用のチャートアプリも多いので、しっくりくるものを少し探してみて、売り買いを行うチャンスをうまく判断することが大事です。その上で、チャートのパターン、分析方法などの諸々の技術やコツなども、概要をつかんでおくことは決して無駄にはなりません。

FX投資での予測が外れ続けると、その負けを忘れるためについ多くのお金を使ってしまう人もたくさんいます。そうすると、大きな負けを生むおそれがあるので、FX講座には不要なお金を入金しないようにしておきましょう。これは口座に当面必要ないお金も入れてしまうと、まだ余力が残っていると思って投入する予定のなかった資金まで投入してしまう可能性があるからです。FXにおける重要なシステムの一つに強制ロスカットというものがあります。増えすぎた含み損が、それが許容されている基準を超えてしまうと、FX業者による強制的な決済が行われるのです。


一方的に決済されてしまうのは怖いと思ってしまいますが、強制ロスカットが行われる前にはマージンコールというものが発せられて教えてくれるので口座に入金し、証拠金を追加することで強制ロスカットが行われるのを避けることが可能です。そして、その強制ロスカットが行われるかどうかの基準になるのが証拠金維持率なのですが、FX業者ごとに違うので留意してください。口座開設だけならFXの知識が無くてもできます。

申し込み画面の案内文に従い操作するだけのことなので、パソコンや投資に慣れていなくても問題ありません。しかし、手軽さ故に、高いリスクもあります。誰でもFX口座を開けてしまうので、全く予備知識なしに取引を開始してしまう人もいるのです。数多くあるFX業者ですが、ほぼすべての業者はそれぞれFX取引をバーチャル体験できるデモトレードを備えていますので、これは是非とも使っておくのが良いです。

デモトレードは実際の取引と同様に行えますが、あくまでもデモなのでミスしても懐は痛みませんし、デモトレードを行うことで実際の取引に使うツールのフィーリングも知ることができます。あまり性急に手持ち金を使って本物のFX投資を始めてしまうのは大変無謀ですから、取引のあらましを理解できるようになるまでデモトレードを活用するのが良いでしょう。


株式投資などにはないFX投資のメリットとして24時間取引可能という点がありますが、24時間のうち特に相場がよく動く時間というのはあります。世界的規模で市場の中心地といえばニューヨークとロンドンで、これらの市場が開いている時間つまり、日本では大体21時〜午前2時の間あたりはよく相場が動いて取引しやすくなります。時間帯とは別に、経済指標の発表特にアメリカの雇用統計、各国のGDPなどの発表の後には為替相場が大きな動きを見せることがありますので、これは要注意です。相場の動きと関係の深い重要な経済指標の発表はいつなのか押さえておきましょう。

FX投資に取り掛かる際に念頭に置いておきたいのがFXチャートの流れを知ることです。FXチャートとは、変動する為替相場を表として図式化したものです。数値ばかりではよく分かりませんが、グラフ化することで見やすくなります。FXチャートを上手く使わないと利益を求めにくくなるので、見方を忘れないように気をつけてください。FX投資を始める場合に忘れないようにしておきたいのがFXのチャートを読み取る方法です。FXチャートとは、為替市場の変化の方向をグラフでわかるようにしたものです。数値だけではつかみにくいですが、グラフ化で理解が容易になります。FXチャートを軽視すると利益をあげることは困難なので、見方を自分のものにしておいてください。