×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

FXデモトレード

FXデモトレード(バーチャルFX)は、実際のお金を使わず、仮想マネーを利用して、FX(外貨証拠金取引)を体験してみようという初心者向けのシステムです。このため、壊滅的な打撃を『あえて被ってみる』という体験をしておく事も可能です。

この失敗体験をしっかりと積むためには、FXデモトレードを選ぶ場合に、本トレードと同じ条件で利用できて、利用年限に期限がない会社のデモ版を利用すると良いでしょう。また、実際にトレードを始めた後でも、有効運用できますので、使えるFXデモトレード(バーチャルFX)を確保して奥とよいでしょう。

こうした失敗を繰り返して学び、ロスカットルールや損得計算など、実際のシーンで役立つ『感覚』を身につけて、実際の取引に臨みましょう。

FXの基本

FXの基本は『安く買って高く売る』ということです。これはどんな商売でも同じ、といえるでしょう。『安く仕入れて、高く販売する』ができれば、お店の利益があがりますね。

FXデモトレード(バーチャルFX)で身につけたいのは、『商売のテクニック』というものだと、考えるとよいでしょう。FXでは、『安く買う』『高く売る』の重要な要素となるのは、なんといっても「発注を出すタイミング」です。

最大に理想的なのは、相場の底で買って、相場の天井で売るということですが、これはあくまでも理想でしかありません。そこで一般に行われているのが、相場が上り調子のときに買って、天井かと思えるときに売る、ということですが、これはあくまでも理想でしかありません。そこで一般に行われているのが【ローソク足チャート】です。

FX投資

FX投資を始めるにあたりどの位のお金がいるのかというと、業者に口座開設をする時か、もしくは取引をする時に最低証拠金を預ける必要があり、利用したいFX業者によって用意したい金額は変わってきます。最低保証金の具体的な例では100円という所や5万円あるいは10万円という会社も稀ではありません。そしてまた、取引可能な最小通貨単位も業者で異なり1000通貨で設定のところもあったり大きな額の取引になる10000通貨単位のところもあるのですが、FXの経験がない、全くの初心者の場合は迷わず1000通貨単位にしておけばそう大きく間違うことはないでしょうからおすすめです。

FX投資で利益になったものには税金がいくらになるのでしょうか?FX投資によって稼いだ利益は税制上、「課税所得」となります。一年間の雑所得の合計が20万円以下の範囲では、課税対象外になります。ただし、雑所得の合計が20万円を超える場合には、確定申告を行う必要があります。税金が未納の場合と脱税になってしまうので、用心してください。株式投資や不動産投資などどんな投資でも同じなのですがFX投資においても、ロスカットとも呼ばれる損切りはとても大切です。



投資をしていれば否応なしにわかることですが、利益だけが積み上がって損はない、という状態は絶対にありません。起こるべく起きた損失をどれだけ小さくできるかというのがFX投資で失敗しないように続けていく心積もりがあるのなら大変重要なポイントとなることは間違いありません。損を被った時にそこから傷を広げないよう、損切りをどこでするのか自分でルールを作っておき、作ったそれはとても大切な命綱ですから厳守するよう徹底しましょう。FX初心者は知識経験ともにないので、負けることが多々あります。

FXを始めたばかりの人が負けないようにするためには、損切りのポイントを設定しておくということが重要です。また、1度の取引だけではなく、総合の損益を考えてください。9回の取引においては利益があっても1回の大きな損失によってマイナスにもなることがあるのです。FX投資の利益には課税されるのでしょうか?FX投資で発生した利益は税制上、「雑所得」ということになります。一年間の雑所得の総額が20万円以下であれば、納税の必要はありません。でも、雑所得の合計金額が20万円を超える場合には、確定申告をする義務があります。

税金を払わないと脱税になるので、注意してください。FX投資を開始する以前に、所有通貨数を決定しておくというのも大切です。所有する通貨の量をあらかじめ決めておき、それを超えるポジションは持たないようご注意ください。こうした結果、儲かっても、利益は少ないですが、損失も抑えられます。FXを始めたばかりの人は知識も経験もないので、失敗することが多いです。FX初心者の損失を出さないためには、損切りのポイントを設定するというのが大切です。また、1回の取引だけに囚われず、トータルで勝ったか負けたかを考慮するようにしましょう。



9回の売買で利益が出ても1度の大きな負けで負けることもあります。FX投資をスマホやタブレット端末で行う人が相当多くなってきて、業者によるFX用アプリの提供もかなり多くなってきたようです。そういった業者の中には、自社アプリを利用して取引を始めることを前提に、なんらかのメリットを受けられるキャンペーンを展開している所も出てきました。ネットの口コミを見聞したり実際の使用感を試してみたりしてあれこれ存分に比べ、使い勝手の良いアプリを選び出してみるのが良いでしょう。

FX取引におけるシステムのひとつには強制ロスカットというものが存在します。たとえば、保有している決済前のポジションがどんどんマイナスになって含み損がふくらんでいき、前もって定められた水準を超えた場合、有無を言わさずに強制的に決済されてしまうというFX会社で取引をを行う上での重要なルールです。一方的に決済されてしまうのは怖いと思ってしまいますが、強制ロスカットが行われる前にはそれを知らせるマージンコールが発生するので強制ロスカットを避けたいと思った場合は追加証拠金を入金することで強制ロスカットが行われるのを避けることが可能です。

強制ロスカットの基準になる証拠金維持率というのは利用するFX会社ごとに異なるので注意が必要です。FX投資をやってみる前に、所有通貨数を設定しておくというのも大切です。所有通貨量を前もって決めておき、それ以上のポジションは所有しないようにしてください。こうしておくことで、勝った際にも利益は減少しますが、損失も減ります。